読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片面表示と両面表示の法則

 


片面表示と両面表示の法則

片面表示と両面表示の法則とは、メリット・デメリットを伝えることで、ユーザが商品・サービスに対し信頼を置く行動心理です。

マーケティング施策において利用する場合、「PCは型落ちモデルですが、7割引を致します」といった商品・サービスをメリット・メリットで対比して使用します。

コントラスト法則

コントラスト法則とは、ユーザが何かを認識をする際に用いるルールの1つで、2つ目の情報と最初の情報の差が大きい場合、実際より情報の差を大きく考える行動心理です。

・プランA:10,000円
・プランB:6,000円
・プランC:3,000円

一番売りたい商品・サービスを真ん中の値段帯にして見せることで真ん中の商品・サービスをユーザに選ばせることができます。

権威への服従原理

権威への服従原理とは、ユーザが権威のある人や専門家の言葉や文章を正しいと思い込む行動心理です。

マーケティング施策において、商品・サービスページに権威のある専門家の写真や推薦文を載せることで、ユーザが商品・サービスにおいて信頼を置くようになります。

ユーザがサービス利用、商品購入する際の行動心理

損失回避の法則

損失回避の法則とは、利益を得るよりも損失が出ないこと重要視する行動心理を指します。

マーケティングにおいて、仮に商品・サービスを利用しないと何らかの損失が発生する恐れがあることを伝えることで、ユーザが損失回避の法則を抱きにくくなります。

決定回避の法則

決定回避の法則とは、選択肢が多いとユーザは1つに絞ることができない行動心理を指します。

マーケティングにおいて、ユーザの選択肢を1つに絞ることができるよう、多くの選択肢を与えないことで、ユーザが決定回避の法則を抱きにくくなります。